絶対パスと相対パスの違い

ウェブサイト制作をしていると、人のコードをセミナー等で見ることがあると思います。絶対パスと相対パスの書き方によって動作がどのように変わってくるのか見てみたいと思います。

絶対パス

絶対パスとは、この場所・位置にファイルが置いてあることを明確に指定してあるものです。/style/css/reset.cssだと、初めのディレクトリ(index.htmlが置いてある場所)のstyleフォルダ内のcssフォルダ内にあるreset.cssというファイルにアクセスという指示になっています。

ウェブサーバーの場合も同じで、管理することのできるUNIXユーザーの権限が与えられている場合は /を入力するだけでシステムファイルの一番上にアクセスすることができます。

相対パス

逆に、相対パスはファイル・ディレクトリを移動してしまうとファイル構造が同じでない場合正しく表示されないものです。img/src/test.pngもしくは./img/src/test.pngと記述します。./はドットがスラッシュの前に付いているだけですが、一番上のディレクトリからではなく現在いるディレクトリから移動・ファイルにアクセスをすることができます。

サーバー管理・ウェブサイト以外で使うことは?

MacOSやLinuxを利用しない限りは多分使うことはないでしょう。システムの復旧などをしない限りほとんど使うことはないでしょう。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。