【Movable Type for AWS】エラーページをカスタマイズする

Movable Type AWS版を利用しているユーザーのブログなどを見ていると物足りない物があります。それはページが無かった場合などを含むエラーページ(404 not found)です。

エラーページは自分で作成

Movable Typeのウェブページ管理機能を使って複製したものを用いても良いですが、私は以下の様なものを利用しています。



    
    404 not found
    
    


The page is not found.

日本語をメインで扱う場合にこのエラーページを少し編集する必要があります。“このページはありません。”と記載したほうがよいでしょう。

設定ファイルの記述

設定ファイルは以下のように記述しましょう。設定ファイルは以下のように開きましょう。

# Movable Type AWS 6.0.3以前
sudo vi /app/conf.d/nginx_common.conf

Movable Type AWS 6.0.3-1以降

sudo vi /data/conf/nginx_common.conf

このファイルの一番下に以下のように記述しましょう。

error_page  404     /404.html;
location = /404.html {
    root   /app/common/nginx;
}

今回紹介した/app/common/nginxというのはこのサーバーのデータを引っ張ってきた関係もあるのですが、/app/common/というディレクトリは作成しました。エラーページを作っている場所に応じて編集してください。


標準のものを利用していると味気ないですし、nginxのバージョンは出るしと余りよろしくないので変更したほうがよいでしょう。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。