Kiteがベータ版からGhostのブログホスティングへ

以前、Kite(ベータ版)に関する記事を執筆したのですが、記事公開した数日後に仕様が変更されていました。アプリケーションの開発プラットフォームからGhostというCMSのホスティング形態を取るみたいです。

Ghostとは?

Ghostとは、ブログを書くために開発されたCMSです。書くことに特化しています。

そのため、Movable Typeみたいに複数ブログ・サイト管理することもできませんし、複数人で執筆することもできません。

無償ではなく有償サービスへ

有償サービスになってます。月に約500円(正確には5ドル。1ドル約100円のレートで計算)かかります。

他のサービスはどれくらいの値段?

このサイトはさくらのVPS 2GBプランで運用していますが、毎月1,500円ぐらいかかっています。海外のVPSサービスで有名なDigitalOceanの一番下のプランが月に約500円(正確には5ドル。1ドル約100円のレートで計算)かかります。DigitalOceanではGhost用のパッケージが用意されているので同じようにブログのホスティングなどとしても使うことができます。

しかし、以下の点でKiteやGhostが提供しているホスティングサービスのほうが単純にGhostをブログ書くためだけに使っているのであれば良いように思います。

  • サーバー管理の知識が全くない人
  • ブログを書くためだけにサーバーやサービスを借りないといけない人

サーバー管理をするのはとても時間がかかりますし、特にブログを書くためだけにサーバーを借りたりする人であれば確実にこのようなサービスを利用したほうが良いと思います。

私の場合はドメインなどを変更する必要があり、従来のデータなども保持しつつ…という少しマニアな構成だったこともあったためこのようになっています。さくらのVPSからプロキシなどの技術を駆使して接続するという方法をとっても良かったと思うのですが、技術力のなさと値段を見たら”やはりそのままVPSでやるかな”という結論に行き着きました。

Varnishを使ったキャッシュなど色々とするところはたくさんあると思います。しかし、時間がなかったこともありますし、今後またしていくことができれば良いなと思っています。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。