落ち込まないようにするためのDropbox活用法

Dropboxというファイルをクラウド上に保存するウェブサービスがあるのですが、Movable Typeのイベント"MTDDC Meetup Nagoya 2014"でLTのファイルを壊したという噂を聞きまして。世代別管理できるDropboxで作業するのが良いのではないかということです。

世代別管理

世代別管理というのは、ソースコードなどであればGithubというサービスを知っている方も多いと思います。どこが変わったのか明確にわかるので、説明などをするときに便利なサービスです。

Movable TypeやWordPressのテーマも同じことが言えて、改造した箇所などをメモしたり保存しておかないといけないです。最近では、Githubなどのgitをつかった管理などもできるようになっているみたいです。(この記事はGitを使おう!的な記事ではありませんので、Gitの使い方に関しての説明は割愛させていただきます。)

世代別管理をしていると、安心してファイルの編集ができる

世代別管理をしていると、先日のMTDDC Meetup Nagoya 2014での”ファイルが壊れた!”という緊急事態にも対応することができます。

IT系イベントであればだいたいインターネットに接続したりしている場合がほとんどだと思います。Dropboxの公式サイトにアクセスして、対象のファイルを選択し、バージョンを戻すだけです。

使い方

ということで、使ってみたいと思います。私は英語でDropboxを使っているので英語にっていますが、多分日本語でも同じような感じでしょう(たぶん)

1. 対象のファイルをウェブサイト上で開く

こんな感じでブラウザを開いてログインして開きましょう。

dropbox-2014-02-02-filelist-demo.png

2. ファイル操作一覧の右側の拡張(More)をクリック

dropbox-2014-02-02-filelist-click-more-demo.png

3. 復元する

戻したいバージョンに復元しましょう。

dropbox-2014-02-02-current-version-demo.png

3ステップでできるので、”ファイルが壊れた!”とか”ブログのロゴデータとか…“、”Git使うの面倒だけどテーマ管理したいし…“という人には向いていると思いますので、使ってみてください。

Dropbox

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。