AWS EC2のインスタンスの削除方法

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。いや、丑年ですか...そう、12月31日でEC2の無料使用枠がなくなってしまい、その際にEC2インスタンスの削除をしたので記事にします。Movable Type on AWSシリーズもこれで終わりなはず...。

思った時に解除できる

AWS全体でそうなのですが、もう使わないって思った時に削除することができるので、削除したいと思います。最低利用期限なんてものもありませんし、解約も数クリックでできるのでそのようなめんでは合理的といいますか、便利かなと思います。

方法

実際にキャプチャ撮影しながら実施しましたので、キャプチャとともに解説します。大体3分ぐらいで出来ました。慣れれば1分以下でできます。

EC2の管理画面へ移動しましょう。

ec2-dashbord.png
EC2管理画面 - トップ画面

次に、インスタンスを管理している画面へ移動し、削除したいインスタンスの左側の四角形をクリックしましょう。

ec2-management-instance.png
EC2管理画面 - インスタンス管理画面

そして、上側のActionsをクリックしましょう。

ec2-managementconsole-action-click.png
EC2管理画面 - Actionクリック時

下の方にある”Actions”から”Terminate”をクリックしましょう。すると、以下の様な確認画面が出てきます。

ec2-management-terminate-instance.png
EC2管理画面 - インスタンス削除画面

当サイトの方法でされた方はIPも固定しているため、IPアドレスも開放しないと請求が来るので下の横三角形(Release attached Elastic IPsの左側)をクリックしましょう。すると、以下の様な画面になると思います。

ec2-management-terminate-instance-check-with-elastic-ip.png
EC2管理画面 - インスタンス削除・IP削除画面

このように表示されたら”Release Elastic IPs”の左にあるチェックボックスにチェックを入れ、青の”Yes, terminate.“ボタンをクリックしましょう。

EC2はこのように契約・解約も数クリックで実行することができるのでぜひ利用してみてください。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。