Transmitを使ったSFTPサーバーへの接続方法

私はMacを使っていて、以前セールで販売されていたTransmitを購入したのですが、SFTP接続する方法を記載しておきます。VPSの認証方法って以前はパスワードでもいいじゃんと思っていましたが、認証鍵になれてしまいました。

Transmitとは?

Transmitとは、Codaなどを作成しているPanic社が作っているFTP/SFTPといった通信形式でファイルを転送するプログラム。Amazon Web Simple Storage Service(通称S3)にも対応しています。

設定方法

ということで、設定していきたいと思います。今回は以下のユーザー情報で設定していきます。

  • ホスト名:hoge.jp
  • ユーザー名:hoge

1. Transmitを起動しよう

Transmitを起動してみましょう。Spotlightで探すなりして起動して下さい。

起動すると以下の様な画面になります。

2. SFTPの設定をする

起動したら右下の”+“ボタンをクリックしましょう。クリックすると、画面が変わるのでホスト名等を入力しておきましょう。

パスワードに関してはパスワードの入力欄隣の鍵マークをクリックして下さい。すると、以下の様な表示が出てくると思います。

もし、認証鍵が表示されなければ保存されているディレクトリまで行き、クリックします。そして、”保存”をクリックします。すると、以下のように追加されています。

このような感じで設定できました。これで接続ができるようになりますし、今後設定する場合はダブルクリックすれば接続できるので便利ですね。

もし、ファイルをアップロードする場所がわかるのであればリモートルートに/var/wwwと入力していてもよいでしょう。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。