団体と個人は違う話

私はサイトをVPSですべて管理しているのですが、団体のサイトと個人のサイトはやはり違うよなぁ...と。別に費用削減とかであれば全部一つにしてもいいのですが、契約的には2つ〜3つかなと。インターネット上での定義が曖昧になった事が少しありまして、少し書いてみました。参考程度にしかならないとは思います。

団体のものは団体の用途のみで使うべき

団体で使っているものというのは、そのサービスを利用している人やサービスを提供している人、所有している人の個人的な理由で使うのは少しいけないのではないか、と思います。何か個人で使う用事があるのであれば団体に向けて何か知らせるべきです。ただ、その物を個人名義で買っていたり契約しているのであれば話は別だと思います。

少なくとも、そのものを団体及び団体に関わっている人が負担していないのであれば尚更ではないのかと思います。

逆に、個人で使っている物を団体で使うというのは知っているのであれば問題無いと思います。

団体と個人の境目

団体と個人の境目を問われたら微妙ですが、管理する人数がある程度集まっているところではないでしょうか。ただ、始まりが個人のサイトから始まっているのか、団体として始めることを前提にしているのかによっては変わってくると思いますし、個人の枠を少し超えているけど団体として動いているわけでもない、1人で基本やっている、という場合もあるとは思います。

関与している人数よりも、管理というか運営している人数とかではなく、在り方ではないでしょうか。その人が団体で行く、というのであれば団体でしょうし、人数が少なくてもそれなりのことをしていれば少なくともインターネット上では団体として認めてくれるとは思います。

物の所有している場所を確認すべき

サーバーとか備品とかという物に関しては誰が管理していて名義はどのようになっているのか、という点です。団体になれば法人で申請するようになりますし、法人申請時には任意団体という扱いになります。また、NPOなど出していたりすれば扱いが他の団体にもなると思います。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。