文章って難しい

タイトルそのままです。こうしてブログとかに書く文章とメールや手紙など個人に対して書く文章は少し違って難しいのです。

肩の力を抜けるかどうか

多分、これだと思います。ブログだと誤字脱字等は後で気がつけば公開後でも修正することができますし、表現なども全て変えようと思えば変えることができます。しかし、メールや手紙と言うのは個人に対して送るので少し肩の力を抜きにくいということが挙げられると思います。

人に何かお願いなどするときも一つ一つの言葉の表現に対して細心の注意を払わなければなりません。メール、手紙だと特にです。ウェブでもそうかもしれませんが、それ以上にメールや手紙は一番重要だと思います。

SNSは気がついたらすぐに訂正できないでもない

SNS、特にFacebook等は編集機能がついているので後で編集することができます。また、Facebookなどは自分の口から発する言葉で記載してたりすることが多いので案外気にせず書けるのではないかなと思います。

しかし、SNSでの言葉の使い方や物事の発言は本当に細心の注意を払う必要があると思います。最近、事件など発生していますし、そのような点は考えなければならないと思います。

LINEとかでも18歳未満は…とかあるらしいですが、Facebookメインで全部済ませていたりするのであまり気にしてなかったりします…。最悪、メールという手段もありますし、GMailが生きててくれれば何とかなります。

今の世の中、文章に対して真剣に目を向けて書いていかなければならないのですね、文章一つでカッとならないように脊髄で考えるような癖が若干あるので直していきたいところです。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。