ウェブサイトの文章に対するデザインの考え方

私を含めてブログを書いている人は多いと思います。自分でブログデザインを作っているときに「ここはやっぱ気をつけたほうがいいかなー...」と考えたりすることがかなりあります。ブログを含めてですが、やはり文章の読みやすさが重要だと思います。

まとまりごとの空白は必須

文章のまとまりごとに空白を開けて記載することは重要な事です。というのも、ブログ記事を読んでいてキツキツだと「本文が読みにくい」ということが多いと思います。最近のブログメディアにも言えますし、当サイトでもその点に関してはしっかりと考えてしています。

私がデザインするときは大体1行〜2行ぐらい空白ができるようにウェブサイトを作成していることが多いです。

見出しはわかりやすく、強調するところは太く

大体h2,h3と2階層ぐらいまでしか使いませんが、ブログも見出しが無いと読みにくいと思います。普通の日記などであればここまでする必要は無いですが、iPhone等のアプリの紹介や手法を紹介する時に使うことが多いと思います。また、商品のレビューなどでも。「見てもらってすぐにそこで説明している内容を大まかにとってもらう」場合が多いと思います。

また、文章中では下線や太字といった普通の文章と少し変えると「特に強調したいところ」というのがわかってもらいやすいと思います。ただ、色を赤色に変更してみたりと色を多用したり、フォントサイズを変えてしまうと見出しの意味が薄れたりと色々とあると思うのでその点は気をつけるべきではあると思います。

特に、色の多用は読んでいる人にとっては目が疲れやすくなったりということがありますし、赤色は色では特に「記事の中で変わったりした点がある」場合などに使うと良いと思います。

Author

Masaki Osugi

(フロントエンド&&インフラ&&ネットワーク&&Web)エンジニア兼デザイナもどき。気がついたら守備範囲広がり、何屋かよくわからない存在。