Movable Typeの空白をなくすためには

2013年8月3日に行われたMovable Type Designers and Developers Conferenceに参加した時に懇親会ですが、ライトニングトークで「Movable Typeの空白をなくすには」という議題で話させてもらいましたのでそのスライドと内容に関しての補充などを記載したいと思います。

スライドに関して

スライドに関してはSlideShareと呼ばれる外部のサービスを利用しています。以下から確認して下さい。

Movable Typeの空白をなくすためには。 from Masaki Osugi

トーク内容に関して

簡単に言うと、こんな感じです。

  1. コーダーって美しさを求めるよね
  2. テーマを作成するにはどうするのか
  3. 作ったはいいが空白があるからコーダーの美学と矛盾が生じる
  4. その解決策とまとめ
  5. このサイトへの誘導

このサイトへの誘導は特に必要ないかなって思ったのですが、内容が結構多く、途中で噛みそうで本当に5分で終わるかなぁ…と不安になってしまったという経緯もあり、今回は入れさせてもらいました。20分位あれば全ページの例を紹介しても良かったのですが、今回は5分なのでわかりやすくしたつもりです。

コーダーの美しさって?

コーダーの美しさというのは、インデントなどを入れて別の人(第三者)がコードを見ても見やすくするということであり、また自分でもわかりやすくするために</div>の後に<–./#content–>を加えたり、インデントで階層別にするというようなことをしていると思います。速さを求めるのであれば圧縮ばかりすればいいですし、Googleからもmod_pagespeedなど出ているみたいなのでそれで問題ないのはないのですが、第三者からの見やすさ重視で話させてもらいました。

また、スタイルシートでは当サイトではしていたかどうか忘れましたが、コメントを大項目ごとに入れてみたり、それが2行使っていたりというようなこともあるということを話させてもらいました。

テーマ作成にはどうすればいいのか?

一般的な作り方をざっとおさらいしたようなものです。WordPressなどでも関係なく使えるようなものにしていたと思います。

  1. 大本のファイルを作成
  2. テーマの関数導入
  3. 確認・修正
  4. 完成

大体あっているかと思います。このような感じでさくせいしていくということです。

矛盾が生じているから解決しよう

実際に当サイトがαバージョンの時のコードを見て無駄に行間が空いてることを言っています。

そこから、「解決するにはどうすればいいの?」ということと、mt:ignore関数を使ってわざと作成したものを使用したり、「続きを読む」誘導をつかった解決策を示しました。

また、私が本気になってブログなどのソースコードを変更したものを提示してみました。

まとめ

一般的なまとめを作成してみました。話したことをそのまま記載しただけです。

ということなのですが、この話にはまだ続きがあります。

Movable Typeを使っている人をもっと増やしたい

Movable Typeってちょっとがさつで不器用だけど愛着が自分にとってはあるCMSで、人それぞれの理由があると思うのですが結構好きな人・使う人が多いCMSであると思います。また、静的ファイルを生成を生成する数少ないCMSであるMovable Typeを広めたいし情報を増やしたい、多くの人に知ってもらいたい。でも、そのような勉強会とか行われない…MTDDCを主要な場所で行えれば…ということで最後にギリギリで作成して発表させてもらいました。多くの同意意見等を得ることができ、とてもありがたかったです。

大学生になったら東京とか大阪の方に行ってしまうかもしれないですが、それでも何らかの形で広島でMTDDCを開きたいなと思っています。すぐではなくても、していきたいと思います。

最後に

シックス・アパートさんを始めとして、多くの人の支えがあってのMTであり、MTDDCだと思います。MTDDCはまだ始まったばかりだと思うのでMTDDCをもっと多くのところで1年周期でも良いので行なっていけるようにしたいと思います。

また、無料画像素材のぱくたそさんには画像素材とか色々と使わせてもらいました。ありがとうございました。